2007年11月03日

本動画全般

まず、裏話・言い訳カテゴリにおける諸注意を。

・基本的に箇条書きで行きます。
・またネタバレや気分を害する可能性のある内容が多々含まれるので、記事は「続きを読む」に格納します。
 そう言うのを気にしないと言い切れる方のみ、記事をご覧下さい。
・ネタを思い出し次第、過去の記事にも追記があったりします。


・当初からのコンセプトにして大目標は、「東方ファンに戦国への興味を持ってもらう事」。

・そもそも東方は世界観からして日本史分が多く含まれるので、究極的には東方ファン全員に日本史への興味を持って欲しかったり。

・革新を選んだのは、能力値のインフレ傾向や一芸キャラでも輝けるシステムのお陰で、東方勢に見た目に派手な数値を設定しやすいため。

・東方勢の能力値は「キャラ毎のコンセプト」と「独断と偏見によるランク付け」が大元。

・「キャラ毎のコンセプト」は、猛将タイプ(魔理沙ほか)とか万能タイプ(霊夢ほか)とか知将タイプ(アリスほか)とか。
戦法一芸型(輝夜)とか副将型(鈴仙、ルーミアほか)みたいな変化球も。

・「ランク付け」は、上からチート級(紫・永琳ほか)>大ボス級(輝夜・文ほか)>主役級(魔理沙・霊夢ほか)>中ボス級(美鈴・慧音ほか)>小ボス級(リグル・ルーミアほか)。

・同ランク内であまり強さに差が出ないように数値・適性・初期戦法を設定。だいたい主役級までが後半戦で1軍張れるレベルを意識。

・ランクの高いキャラは序盤に仲間にならないよう、初期配置を飛騨から少し離れた位置に設定。
posted by 霧雨の野望 at 19:26 | TrackBack(0) | 裏話・言い訳ほか
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6441107
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック